建売か注文住宅か迷っている方へ

◆建売と注文住宅のメリット

建売と注文住宅はどちらがいいのか――この選択で迷われている方は多いのではないでしょうか。こちらではそれぞれのメリットについてご紹介します。

建売注文住宅
◆注文住宅に比べ価格が安い
◆モデルハウスがあるため暮らしのイメージがしやすい
◆土地を事前に探す必要がない
◆建売に比べ自由に予算を調整できる
◆理想の家が建てられる
◆自分の目で建物の品質・工事過程をチェックできる

◆おすすめの選び方

建売

土地と建物が一緒に手に入るのが建売の最大の特徴。基本的には、住みたい地域や価格などの条件で絞り込み、自分の希望に合うものを選ぶだけで決めることができます。
「なるべく価格を抑えたい」「お引っ越しのスケジュールに制限がある」「モデルハウスなどを見学して暮らしのイメージをふくらませたい」という方には建売がおすすめです。


注文住宅

注文住宅の魅力は何より自分の要望を伝えて設計ができるところ。前もって予算を決めておくことで、その中で調整をして理想の住まいをつくることもできます。また、建物の施工の過程を自分の目で確かめられるので、完成してからでは確認できない基礎や構造部分をチェックできる安心感があります。
「理想の家に住みたい」「デザインや材料なども自分で選びたい」「家族一緒に家をつくり上げたい」という方には注文住宅がおすすめです。

▲ページのトップに戻る

絶対満足する家を建てる為に欠かせない建築プロセス

心残りのない、満足できる家をつくるためには、しっかりとした計画を立てることが大切です。家づくりについて知り、考えることで、理想の住まい像がだんだん固まってきます。何について考えればよいのか、以下にそのポイントをご紹介します!

◆その1 ご家族一人ひとりの意見をまとめる

自分たちのこれまでのライフスタイルを振り返り、長期的な将来予測も考慮し、ご家族一人ひとりの意見を一枚のシートに書き出しましょう。イメージを書き出すことが、理想の家づくりの第一歩です。また、書き出した意見を施工会社への要望書としてあらためて書き起こすのも一つの方法です。そうすることで、私たち施工会社などに求めるイメージを伝えやすくなるでしょう。


◆その2 「計画期」にじっくり時間を費やす

家づくりは、ご家族の意見をまとめる「計画期」、建築プランを決め契約を結ぶ「契約期」、マイホーム完成への大詰めとなる「工事期」の大きく3つに分けられます。家づくりをスムーズに進めるためにも「計画期」は非常に大切。「土地探し」や「施工会社探し」もこの期間に含まれ、住宅ローンの関係上、同時進行で探すことが重要になります。
細かな手続きの手順など分からないことがあれば、まずは当工務店へご相談ください。分かりやすく丁寧にご説明します!

建売か注文住宅か迷っている方へ


◆その3 家づくりの構造・構法を知る

宅には、「木造」「RC(鉄筋コンクリート)造」「S(鉄骨)造」の主に3つの構造が用いられます。工法は日本の伝統的な「木造軸組工法」を始め、北米から輸入された工法で、2×4インチの製材で枠を組みパネルで壁をつくる「2×4工法」、建築現場で部材を組み立てる「プレハブ工法」などさまざま。強度や保温性、通気性などそれぞれの特徴を知り、自分の住まいに合った構造・工法を選択しましょう。


◆その4 住まいづくりのパートナーを探す

施工を依頼する会社は、理想の家をつくる大切なパートナー。工務店、建築家、ハウスメーカー、それぞれの強みを理解し、自分にぴったりのパートナーを選びましょう!詳しくは下記ページをご覧ください。


◆その5 マネープランを練る

土地や施工会社探しと同時に進めたいのが資金計画。まずは家づくりにかけられる費用、つまり「頭金+借入額」の合計をしっかりと確認しておきましょう。ポイントは「返せる額」を考えること。住宅購入後に安定した暮らしを送るためにも、将来の予定も含め、無理のないマネープランを立てることが重要です。


ページの先頭へ戻る